FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本など何の役にも立たない。

孤独になった。
なんとかしたいと痛烈に思った。

相手のせいにしたかった。
自分以外の皆がおかしいのだと思いたかった。

ただ、一人で考えれば考えるほど
自分がおかしいのは明白だった。

何か方法があるはずだと思い、
本屋に向かった。

とにかく役に立ちそうな本があると
読んで試してみた。

「道は開ける」「思えばかなう」・・・・

200冊はくだらなかったと思う。
自己啓発書
心理学
精神医学
哲学・・・


相手をほめてみたり
笑顔を作ってみたり
前向きに考えようとしてみたり・・・



全く役に立たなかった。

そんな「作り物の自分」は長続きせず
相手の些細な言葉に反応して
怒りをぶちまけたり、

自分の欲望を我慢できず
相手のことなどお構いなしで、
自分の意見を押し通そうとしたり・・・

結局、おかしな自分が暴れだし

孤独になっていくのだった。

スポンサーサイト

医学部という場所

勉強しかとりえのない自分

そんな僕は高校受験は失敗したが、
暴力的な父親から逃げたい一心で猛勉強し
どうにか地方の国立大学の医学部にすべりこんだ。

やっとのことで医学部に入った自分は勘違いしていた

医学部には自分の様に勉強しか能のない偏った人間ばかりだと・・・

ところが現実は全く違った。

確かにそんな人種も存在したが、全体から見れば少数派で
みな、おしゃれで、コミュニケーション能力に長け
器用で、優しかった。

そればかりか、自分より勉強ができる人間がほとんどだった。

これまでは偏った人格の自分も
勉強ができるということで大目に見てもらっていた部分があったが、

医学部では性格もおかしい上に勉強もできない
ただのおちこぼれだった。

ぼくは次第に皆から疎ましがられ
やはり孤独になっていった。

プロフィール

Dr.アスペル

Author:Dr.アスペル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。