FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸のメカニズム


加齢ににょり、

睡眠中の上気道周囲の筋緊張を支配する中枢神経の機能が低下し、

同部位の睡眠中の筋のトーヌスは低下の度合いが強まること、

上気道周囲の軟部組織の物理特性が変化することなどが、

気道狭小化をさらに増強させる原因となり、

睡眠呼吸障害が頻回になる。

加齢による睡眠時上気道筋の弛緩による気道閉塞の緩和・発症防止として

前述したメカニズムを考えると関連筋のメカニズムを考えると

関連筋のエクササイズは有効と考えられる。

しかし、これまでEBMに基づいた研究はなされていない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dr.アスペル

Author:Dr.アスペル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。